紙への印刷は最終手段にしています。

すべてのやり取りはデータで行うようにし、メールやPDFファイルなどを多用してします。
お客様先にも可能な限りデータでやり取りできるようにしており、請求書などデータで可能な場合はデータを選択しています。

 

紙はコストもかかりますし、そのやり取りの時間にも手間がかかるため、本当に最終手段にしています。
社内で紙に印刷して回覧したりすることはもうほとんどありません。
ノートPCやタブレットなどを利用して、営業やプレゼンを行うようになってから、コピーという仕事もなくなりました。

 

紙どころか人件費や時間の節約にもなります。労働安全衛生マネジメントシステムの向上にもグッドということですね。
また、データをゴミにするのと紙をゴミにするのでは資源的なロスが全く異なります。

 

ミスなどがあると再作成・印刷が必要になる紙資料も、データであれば即座に直すことができますし、メールを利用した配信で再配布も一瞬です。
お客様に求められない限り、紙を使用することがほとんどありません。

 

もちろん、ゴミも減りました。
コピー機が静かにしてる様子は、電気代のカットにも役立っているんでしょうね。