人間が捨てたゴミを野生生物が食べてしまう

PR|企業イメージを高めるISOセミナーのご相談|

環境問題ですが、人間が大量にゴミを出し続けてきたことで、野生動物に対して大きな悪影響が出てきています。

たとえば野鳥、シカ、ウミガメ、魚といった生物が、口に含んだものをなんでも飲み込んでしまいがちです。プラスチックやビニールのゴミを飲み込んでしまうと、消化されず胃の中に蓄積していきます。やがてものを食べられなくなって死に至るといったことです。

日本人は昔に比べれば、ゴミを捨てなくなったと言われていますが、世界中の人がゴミをポイ捨てする情況は、悪化の一途です。

世界の人口が70億人を超え、ゴミの海洋投棄や陸上投棄はますます増加してきました。今世界中の海で、ゴミが大量に浮遊している状況があります。

野生生物がゴミを食べてしまって、不幸な目に遭う情況も、それに応じてますます増えています。ゴミを食べた動物を、人間が捕獲して食べることによって、汚染物質が人間の中に入り込むといった悪循環も出ています。

野生生物だけでなく人間の健康も考えて、ますますゴミの投棄は無くしていかなければいけないでしょう。ゴミ自体が出ない社会づくりも必要なことです。

自然環境を汚さないための取り組みは企業にとっては当然の取り組みになってきています。

環境に対する取り組みができていないと、どんなによい製品を作ったとしても売れる商品にならないケースもあります。
企業としては、製品を製造、販売、輸送する時に排出する、排気ガス、排水、廃棄物を少なくすることは当然の取り組みです。

それは、ISOのマニュフェストの中に持続可能なプログラムとして記載されています。会社としての取り組みはできるでしょう。しかし、本当に環境問題に取り組むためには、会社だけの取り組みだけでは十分ではありません。会社の社員全員が環境に対して真摯に取り組まなくてはいけません。

会社のオフィスのゴミ箱での分別するが、オフィスの外になると分別を全くしないケースもあるからです。企業が排出するものが環境を汚しているのですが、その排出する原因を作っているのは人間です。会社だけでなく、1個人として環境に取り組むこと、環境への意識を高める意識改革が必要です。

PR|家計見直しクラブ|オーディオ|貯蓄|女性向けエステ.com|ショッピングカート|初値予想|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|心の童話|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|英語上達の秘訣|